金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

世界の黒澤監督 蜘蛛巣城

蜘蛛巣城             1957年

物語

三船敏郎演じる武時、鷲津武時は、森の中で出合った老婆に予言を伝えられます。 それは、武時が北の館の主になり、さらには蜘蛛巣城の主になること。また、一緒にいた友人の三木が一の砦の大将となり、その息子が蜘蛛巣城の主になる、というものでした。予言の通りに鷲津は北の館の主になるが、疑心暗鬼が芽生え、武将の人生が狂っていく。

f:id:tomo2200:20180225035105j:image

シェイクスピアマクベスを原作にした映画。舞台は日本の戦国時代ですが、ストーリーはマクベスを忠実に追っています。それでいて業とか無常観など仏教的な解釈から別の作品になっているように思いました。

 

印象に残ったシーン

冒頭、霧の中を馬を走らせるシーンが長い。最近の映画に慣れているので苦痛に感じるが、物の怪と出会うまでの溜め。このテンポ感がフィルム芸術だな‥

f:id:tomo2200:20180225104917j:image

妖しい妖婆(物の怪)

f:id:tomo2200:20180225040204j:image

f:id:tomo2200:20180225111317p:image

 

鷲津の奥方、浅茅(山田五十鈴)の鬼気迫る演技。表情、話し方、能の動きなど、三船敏朗に負けない存在感。

f:id:tomo2200:20180225111938j:image

f:id:tomo2200:20180225111429j:image

 f:id:tomo2200:20180225111949j:image

 

弓矢の嵐 

映画観ていなくても知っている名シーン。危険な撮影に三船敏朗が本気で恐怖し、黒澤明に怒ったという。

f:id:tomo2200:20180225124223j:image

f:id:tomo2200:20180225124419j:image

 

今年21本目の映画鑑賞。

 

 

 

 

 

 

 

弓矢の嵐

映画を観る前から、このシーンだけは観たことがある。