金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

世界の黒澤監督 乱

乱     1985年

シェイクスピアの『リア王』を毛利3兄弟の物語に大胆に翻案して描いた戦国絵巻。
過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将、一文字秀虎。70歳を迎え、家督を3人の息子に譲る決心をする。長男太郎は家督と一の城を、次郎は二の城を、三郎は三の城をそれぞれ守り協力し合うように命じ、自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。しかし、秀虎を待っていたのは息子たちの反逆と骨肉の争いだった。やがて、秀虎はショックのあまり発狂してしまう。

 f:id:tomo2200:20180420015436j:image

映画が公開されたときは、シェイクスピアを原作にした映画っていうだけで、退屈なイメージ
だったが、黒澤監督自ら「ライフワーク」と称した作品だけある傑作。

f:id:tomo2200:20180420020443j:image 

この作品でワダエミアカデミー賞衣装賞を受賞した。黒澤監督は映画監督になる前は画家を志していいた。色彩の大胆さに驚かされる。f:id:tomo2200:20180420021410g:image

f:id:tomo2200:20180420021427j:image

自ら描いたコンテがまた素晴らしい。

 

f:id:tomo2200:20180420120358j:image

f:id:tomo2200:20180420120414j:image

f:id:tomo2200:20180420120445j:image

f:id:tomo2200:20180420120502j:image

仲代達也が素晴らしい演技。

炎上する城から茫然自失で出てくるシーンは足元を見たり、躓いたりしたら撮影失敗になる。4億円のセットを燃やした一回勝負の撮影だと思うと奇跡的なシーン。 

f:id:tomo2200:20180420130403j:image

f:id:tomo2200:20180420130211j:image

f:id:tomo2200:20180420120825j:image

ストーリーも映像も、黒澤映画の集大成的な傑作でした。

 

  ※今年55本目の映画鑑賞