金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

もやもや日記 : コロナの起源

米報告書、コロナ起源特定できず 新型コロナウイルスの起源を調査してきた米国の情報機関は24日、政府に機密報告書を提出したものの、中国からの情報不足などが原因で結論に達していないことが分かった。米メディアが報じた。 先に僕の結論を言えば、武漢の…

ブランカとギター弾き

ブランカとギター弾き 2015年 長谷井 宏紀 監督 物語 “お母さんをお金で買う”ことを思いついた孤児の少女ブランカは、ある日、盲目のギター弾きピーターと出会う。ブランカはピーターから、得意な歌でお金を稼ぐことを教わり、二人はレストランで歌う仕事を…

もやもや日記 : どこの国の話???

スリランカ人女性死亡 出入国在留管理庁 名古屋出入国在留管理局で3月、収容中のスリランカ人女性ウィシュマさんが体調不良を訴えながら、適切な医療を受けられずに亡くなられた。 不幸な事故かと思っていましたが、そうではないらしい。 自力で歩けないほ…

モリのいる場所

モリのいる場所 2018年 沖田 修一監督 物語 自宅の庭に生きる植物や動物を描き続けた実在の画家・熊谷守一こと、通称“モリ”。彼と妻を取り巻く人々とのエピソードをもとにした物語で、モリの一日の出来事を温かくもユーモラスなタッチで描く。 山崎努、樹木…

8 Mile

8 Mile 2002年 カーティス・ハンソン監督 物語 デトロイトの工場で働くラビットこと青年ジミーには夢があった。ラッパーとして成功し、どん底の日々から抜け出すこと。プロデビューを目指す彼は街で行なわれているラップ・バトルに出場しようとするが、繊細…

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ 2016年 ロジャー・スポティスウッド監督 物語 ミュージシャンを夢見ていたものの社会からのドロップアウトを繰り返していた若者ジェームズが、「ボブ」と名付けられた野良猫との出会いをきっかけに、家族・友人との関係を…

イリュージョニスト

イリュージョニスト 2010年 シルヴァン・ショメ監督 物語 1950年代のパリ。場末の劇場やバーで手品を披露していた老手品師のタチシェフは、スコットランドの離島にやって来る。この辺ぴな田舎ではタチシェフの芸もまだまだ歓迎され、バーで出会った少女アリ…

沖縄の民

沖縄の民 1956年 古川卓巳監督 物語 昭和十九年、沖縄決戦を前に、内地への集団児童疎開が始まる。沖縄市の国民学校の教師、佐敷真知子は児童の父兄を説得する。そして、疎開船ツシマ丸は那覇の埠頭を出発するのだが… 日活映画、左幸子、安井昌二、長門裕之…

記憶にございません!

記憶にございません! 2019年 三谷幸喜 監督 物語 病院のベッドで目覚めた男(中井貴一)は一切の記憶がなく、病院を抜け出して見たテレビで、自分が国民から石を投げられるほど嫌われている総理大臣の黒田啓介だと知る。国政の混乱を避けるため、記憶喪失にな…

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 2021年 安野秀明監督 物語 ミサトの率いる反ネルフ組織ヴィレは、コア化で赤く染まったパリ旧市街にいた。旗艦AAAヴンダーから選抜隊が降下し、残された封印柱に取りつく。復元オペの作業可能時間はわずか720秒。決死の作戦…

もやもや日記: 怒りのアフガン

アフガン首都、90日以内陥落の恐れ タリバン攻勢で想定変更―米報道 米軍撤退でアフガニスタンでタリバンが攻勢を強めている。地図で見ると、ほとんどタリバンの支配下。政府軍30万に対して、タリバンは、1/3以下だが、士気の劣る政府軍は敗退するとアメリ…

希望のかなた

希望のかなた 2017年 アキ・カウリスマキ監督 物語 青年カーリドは、内戦で混乱するシリアを離れて難民となり北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、生き別れた彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。家庭にも仕事にも行きづ…

桜桃の味

桜桃の味 1997年 アッバス・キアロスタミ監督 物語 あらすじ 土埃が舞う道中、一台の車を運転する中年男バディ。彼は、街ゆく人々に声をかけ、車のなかに誘い入れてはある奇妙な仕事を持ちかける。「明日の朝、穴の中に横たわった自分に声をかけ、返事があれ…

オリーブの林をぬけて

オリーブの林をぬけて 1994年 アッバス・キアロスタミ監督 物語 大地震に見舞われ、瓦礫と化したイラン北部のコケール村。撮影の手伝いをしていたホセインは、新婚夫婦の夫役に抜擢された。偶然にも、妻を演じるのは以前プロポーズした少女タヘレで、文字も…

もやもや日記:オリンピック閉会

五輪旗、パリ市長へ 無事、オリンピックが終了。日本のメダル数は史上最高の58個。 感動ありがとう! IOC、バッハ会長が「無観客での開催となったことについて「魂のない大会になることを懸念していたが、アスリートが大会に魂を吹き込んだ」と評価しまし…

竜とそばかすの姫

竜とそばかすの姫 2021年 細田守 監督 物語 高知県の自然豊かな田舎町。17歳の女子高生すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と2人で暮らしている。母と一緒に歌うことが大好きだった彼女は、母の死をきっかけに歌うことができなくなり、現実の世界に心を閉ざ…

もやもや日記: オリンピック後の政局

令和おじさん 菅義偉は世襲議員と官僚出身ばかりの国会議員の中で、市議あがりの叩き上げで総理大臣になった。 庶民的な親しみ易さもあり発足時には歴代3位の支持率があったが、リーダーシップの欠如というか、総理の器ではないことが国民に見えてしまい…最…

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき 1973年 ビクトル・エリセ監督 物語 スペイン内戦が終結した翌年の1940年、6歳の少女アナが暮らす村に映画「フランケンシュタイン」の巡回上映がやってくる。映画の中の怪物を精霊だと思うアナは、姉から村はずれの一軒家に怪物が潜んでい…

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 2012年 細田守 監督 物語 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、やがて雪と雨という姉弟が誕生する。彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとしてこの世に生まれたのだが、そのことは誰にも…

バケモノの子

バケモノの子 2015年 細田守 監督 物語 物語の舞台は東京・渋谷と、バケモノたちが住む渋天街。ある時、渋天街に迷い込んでしまった少年・蓮が、暴れん坊のバケモノ・熊徹と出会う。熊徹の弟子になった蓮は、九太と名前を変え、共に修行に励むのだが、大きな…

もやもや日記:デルタの脅威

デルタ株、感染力は水痘並み 米CDC いきなりCDCワレンスキー所長の表情が、ギャーッって感じで。 水痘並みと言う表現がピンと来る一般人はいないと思うが、すれ違いでも感染の可能性があるらしい。デルタ株恐るべし…。 変異は僅かだが、ヒトの細胞にくっつき…

音楽散歩🚶‍♀️ウェルカム・2・アメリカ

ウェルカム・2・アメリカ / プリンス 7/30 発売。2010年にレコーディングされたが、アーティストの意向でお蔵入りになったものです。死後5年を経て完全な新作アルバムとして発売されました。 トラックリスト 1. Welcome 2 America2. Running Game (Son of a…

もやもや日記:コロナとオリンピックPart2

東京で 新たに 3865人の 感染確認 3日連続で 過去最多更新 オリンピックのメダルラッシュの中、コロナ感染者数も記録的増加! ヤバい! 尾身会長はオリンピック期間中の3000人超えを予測していましたが、開催中止の提言は政府の方針とは相入れないものでした…

もやもや日記: オリンピック、金ラッシュ🥇

早くも金メダルラッシュ。柔道では兄妹で金メダル獲得の奇跡(感動した!)やっばりオリンピックはいいな。 一年延期、開催すら危ぶまれていたオリンピック。コロナ禍のアンチムードでモチベーションの維持も大変だったと思いますが、弛まず練習を続けて獲得…

反撥

反撥 1965年 ロマン・ポランスキー監督 物語 ロンドンのアパートで姉ヘレンと暮らすキャロルは美容室で働いていてデートを誘う男コリンもいる。姉が妻子持ちの男マイケルを毎晩のように部屋に泊めることに強い嫌悪感を抱いていた。毎晩のように姉の喘ぐ声が…

さよなら銀河鉄道999

さよなら銀河鉄道999 1981年 りんたろう監督 物語 鉄郎はかつて惑星メーテルを破壊したが、その後も地球での機械化人の勢いは止まらず、機械化人と生身の人間による血みどろの戦いが続いていた。栄華を誇ったメガロポリスも、もはや見る影もなく機械化人との…

水の中のナイフ

[水の中のナイフ 1962年 ロマン・ポランスキー監督 物語 週末をヨット遊びで過ごすため、湖に向かっていた夫婦、アンジェイとクリスティーナ。夫のアンジェイはヒッチハイクで拾った青年を、興でヨットに誘うのだった。 ポーランドのロマン・ポランスキー監…

もやもや日記: 呪われたオリンピック

小山田圭吾 東京五輪作曲陣から辞任の意向 過去に雑誌のインタビューで学生時代に障害者に対して陰湿な虐めを行っていたことを自慢げに語っていて「東京オリンピック・パラリンピック」の開開式・閉会式の制作メンバーとしては不適格ではないか”との声が広が…

袋小路

袋小路 1966年 ロマン・ポランスキー監督 物語 満潮時には外界と遮断される孤島の古城で理想の隠居生活を送ろうとする中年のブルジョワ男ジョージと若く美しい妻テレサ。そこへ見るからに凶悪そうな面相の何やらしでかして逃亡中の男が瀕死の相棒を連れて来…

もやもや日記: コロナとオリンピック

最近、ワクチン接種の予約をしました。 科学の進歩は凄いですね。わずか1〜2年で未知のウィルスに対するワクチンを開発してしまいました。驚くべきスピード。開発や治験に参加した多くの方に感謝です。 しかし、ワクチン陰謀論やデマが多いこと。アメリカ…