金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

世界の黒澤監督 悪い奴ほどよく眠る

悪い奴ほどよく眠る     1960年

物語

日本未利用土地開発公団の副総裁、岩淵の娘佳子と、秘書の西幸一の披露宴が執り行なわれようとしていた。しかし、この西という男、実は5年前、新庁舎の建設に絡む不正入札疑惑で自ら命を絶ち事件の幕引きを図った課長補佐・古谷の一人息子だった……。

f:id:tomo2200:20180417214702j:image

社会派サスペンスにして復讐劇。黒澤監督が東宝より独立して創始した黒澤プロの初作品。

f:id:tomo2200:20180417215354j:image

f:id:tomo2200:20180417220130p:image

冒頭の結婚式のシーンで、記者の話から登場人物の関係がわかります。謎のウェディングケーキからドラマに引き込んでいきます。

f:id:tomo2200:20180417221550j:image 

f:id:tomo2200:20180417222718j:image

微妙な三船敏朗。スーツ姿で暗いキャラは似合わない気がした。

f:id:tomo2200:20180417225029j:image

f:id:tomo2200:20180417221714j:image

 f:id:tomo2200:20180417225033j:image

サスペンスらしい恐いシーン。モノクロ映画の印影を活かした表現が上手い。

f:id:tomo2200:20180417222737j:image

f:id:tomo2200:20180417215702j:image

悲劇のヒロインを演じる香川京子さん。演技力があって本当にいい女優さんですね。 

f:id:tomo2200:20180417225657j:image

f:id:tomo2200:20180417235228j:image

 緊張感のある展開で退屈しないが、あり得なさそうな設定で劇画みたいな割には、派手なアクションはないし痛快なラストにもならない。

なんかバッドエンドの半沢直樹を見たような感じで微妙な作品でした。

 

 ※今年53本目の映画鑑賞