金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

パラサイト 半地下の家族

パラサイト   半地下の家族         2019年

ホン・ジュノ監督

物語

    “半地下住宅”で暮らす、全員失業中のキム一家。彼らは、宅配ピザの箱作りなどの、しがない内職で日々をつないで暮らしていた。ある日、友人の留学中に家庭教師のアルバイトを頼まれた長男のギウ。偽造した卒業証書などを携えて高台の大豪邸にやってきた彼は、すぐに生徒のダヘや夫人のヨンギョのハートをつかむことに成功する。

f:id:tomo2200:20210117184604j:image

 第72回カンヌ国際映画祭で韓国初となるパルム・ドールを受賞。第92回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4部門を受賞した。アカデミー賞で非英語作品が受賞するのは史上初である。

f:id:tomo2200:20210116122033j:image

韓国の映画がアカデミー作品賞を受賞? この年は「ジョーカー」が最有力で、個人的には「アイリッシュマン」推しだったが、アメリカの映画ではない作品の受賞に驚いた。ハリウッドの選考基準の変化が背景にあるが、日本人にとっては韓国映画の躍進ぶりを見せつける事件であった。

f:id:tomo2200:20210117144827j:image

極貧家族が富裕層の家庭に入り込んで、寄生虫(パラサイト)のように生活するという内容。ブラック・コメディやスリラーなどエンターテイメント要素が強いが、韓国社会の格差社会を風刺した社会的な映画でもある。

格差社会における極貧家族をテーマにした作品としては、パルムドールを獲得した是枝監督の「万引き家族」に似ているが、国民性なのだろう、味噌くさいヒューマンドラマ風の味付けの是枝に対して、富裕層と極貧層の生活ぶりを強烈の対比しエンターテイメントなスパイスをたくさん振りかけたホン・ジュノの手法は、まさに韓国料理をイメージさせます。

f:id:tomo2200:20210117060404j:imagef:id:tomo2200:20210117060520j:imagef:id:tomo2200:20210117060543j:imagef:id:tomo2200:20210117071205j:image

経歴を偽って家庭教師として入り込むギウと妹ジェシカ、元からいた運転手や家政婦を罠に嵌めて仕事を奪いとる父と母…。

騙したり盗んだりと、笑いの中に、韓国人のメンタリティを感じました。日本人から見ると痛快ではないですね、人を騙すストーリーって先の展開が不安で仕方なくなります。(正直、何回か観るのを止めたくなりました。)

f:id:tomo2200:20210117070958j:imagef:id:tomo2200:20210117162925j:imagef:id:tomo2200:20210117161937j:image

大雨でキム家の半地下住宅が水没した翌日に子供の誕生パーティーを開催するパク家。

「昨日の雨のお陰でスッキリ晴れたわ」と携帯で会話する奥さんに憤りを感じながら運転するキム。パーティーに集い優雅に過ごすリッチ層を窓越しに見て、厳然たる格差を目の当たりにして、自らの惨めさに哀しくなるギウ。

心理描写が上手いです。鮮烈で強い印象を受けました。

f:id:tomo2200:20210117164203j:imagef:id:tomo2200:20210117184620j:image

韓国ドラマは好みではないけど、なかなか面白かった。

韓国の製作スタイルはハリウッドに似ているのでしょうね、日本映画よりコマーシャルな感じがします。日本の場合は、クリエイターがアニメに偏り過ぎているのかな。「鬼滅の刃」が歴代の興行収入ランキング一1位だし…。日本映画も頑張って欲しいものです。

※今年6本目の映画鑑賞。 

もやもや日記 : 言論の支配者

6日に起きたトランプ支持者による議事堂を占拠に対し、TwitterFacebookはこれを煽動する発言をしたとしてトランプ大統領のアカウントを停止した。

f:id:tomo2200:20210115030447j:imagef:id:tomo2200:20210115030339j:image

民主主義は、権力を暴力ではなく投票で決めようと言うことだ。トランプのしていることは民主主義の否定である。いい加減、選挙結果を認めなければいけないだろう。

f:id:tomo2200:20210115044147j:imagef:id:tomo2200:20210115044702j:image

しかし、もやもやするのは、ソーシャルメディアの対応の方。私企業とは言え、メディアが大統領の発言を禁止するとは…。

f:id:tomo2200:20210115170835j:imagef:id:tomo2200:20210115171530j:image

フェイスブックは更に、「Stop the steal(選挙を盗むな)」というフレーズを含むコンテンツを削除すると発表した。言葉狩りだ。

f:id:tomo2200:20210115173211j:imagef:id:tomo2200:20210115173227j:image

メディアが人々の発言を評価選択することは正しいことなのだろうか。BLM運動だって一部は暴徒化していなかったか?

f:id:tomo2200:20210115030216j:image

ソーシャルメディアの対応について、”トランプとは仲の悪かった”ドイツのメルケル首相からも懸念が出されている。

f:id:tomo2200:20210115173635j:image

独裁者ヒトラーは、ラジオや映画というメディアを利用して国民世論を支配した。現代のヒトラーはトランプなのか、それともSNSを独占するメディア王なのか?

おしまい。

パピヨン

パピヨン                                1973年

フランクリン・J・シャフナー監督

物語

胸に蝶のイレズミをしていることから“パピヨン(蝶)”と呼ばれていた男。パピヨンは組織に殺人の罪を被されて、無実を訴えるが終身刑の判決を受けて南米ギアナの刑務所に送られる。パピヨンは脱獄の資金を得るために、ギアナへの移送船に乗り合わせた同じ服役囚のルイ・ドガという男に目を付ける。ドガ国債偽造で逮捕された男で、当初パピヨンドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は無二の親友となり、固い友情と奇妙な絆で結ばれてゆく。しかし、自由を求めるパピヨンは、13年にも亘って脱獄を繰り返すのだった…。

f:id:tomo2200:20210111011532j:image

仏領ギアナのデビルズ島に流刑となったものの脱獄してベネズエラ市民権を得たアンリ・シャリエールの自伝小説を映画化した作品。スティーブ・マックィーンダスティン・ホフマンの2大スターが共演した。

f:id:tomo2200:20210112184050j:image

f:id:tomo2200:20210112184118j:image

しかし、スティーブ・マックィーンダスティン・ホフマンの共演とは何と豪華なこと。名作「大脱走」のマックィーンが演じるパピヨンは鉄板だが、それ以上にダスティン・ホフマンの胸が熱くなるような演技が素晴らしい。

2017年に、チャーリー・ハナムラミ・マレックを主演に本作のリメイク作品が作られています。未見ですが、オリジナルと比べるのは酷だろうね。

f:id:tomo2200:20210112010647j:image

f:id:tomo2200:20210112172628j:image

脚本にダルトン・トランボが参加している。赤狩りでハリウッドを追放され投獄された経験を持つトランボがパピヨンに自身を重ねて脚本を練ったことは想像に難くない。パピヨンの反骨のスピリッツが強く伝わる演出でした。

また小説ではあまり大きくないドガの存在を主役クラスにして、2人の友情をテーマにしたのはトランボのアイデアだそうです。

f:id:tomo2200:20210112184544j:image

いい映画でした。感動的なヒューマンドラマなのに1974年の第46回アカデミー賞では作曲部門でジェリー・ゴールドスミスがノミネートしたのみ。流行りの脱獄モノと過小評価されてしまったのでしょう。もっと評価されてもいい映画だと思います。

因みに、この年の作品賞は「スティング」。最多ノミネートはホラーの名作「エクソシスト」でした。

※今年5本目の映画鑑賞。

TENET テネット

TENET テネット                  2020年

クリストファー・ノーラン監督

物語

CIAの特殊部隊員として、ウクライナのオペラハウスで起きたテロの鎮圧作戦に参加していた主人公は、未来から来た敵と戦い、起こるべき第三次世界大戦から世界を救うというミッションを与えられるのでした。 そして彼はある研究所で時間逆行装置と「時間を逆行する弾丸」の存在を知り、弾丸の出どころを探ることになる…

f:id:tomo2200:20210110011512j:image

インセプション」「インターステラー」など難解な世界観で知られる鬼才クリストファー・ノーラン監督が昨年公開した時間逆行SFタイムサスペンス。

f:id:tomo2200:20210110020034j:image

逆行する時間…興味深いアイデアですが、因果律が反転するコンセプトが難解。

映画の中で、研究者がエントロピーの法則による時間反転の可能性を説明するシーンがありましたが分からない。主人公に「考えるな、感じろ。」と釘を刺していました。(^_^;)

f:id:tomo2200:20210110013301j:image

f:id:tomo2200:20210110012952j:image

f:id:tomo2200:20210110151832j:image

ストーリーは007のようなスパイ映画の展開で進みます。事件の真相に探るなか、美女が出てきて、アクションがあって、敵と対決して野望を打ち砕く…。あまり難解、難解と言われたくなかったのでしょうね。

そう言えば、本家007でジェームズ・ボンドのキャストを黒人にする噂がありましたが、先取りした感じですかね。主人公役のジョン・デヴィッド・ワシントンはあのデンゼル・ワシントンの息子さんだそうです。かっこいいー。

f:id:tomo2200:20210110023044j:image

悪役セイター。ロシアの武器商人で時を逆行する装置を持つ。役を演じたケネス・ブラナーシェイクスピア俳優。迫力があります。

f:id:tomo2200:20210110024231j:image

f:id:tomo2200:20210110022732j:image

クリストファー・ノーラン監督の独特な作品コンセプトや映像表現が面白かったです。

ストーリーの方ですが、主人公らの活躍で現在世界の破滅は避けらたようですが、結果として未来世界がどうなるかは語らず終わり未消化感が残ります。もしかしたら続編があるのでしょうかね。

※今年4本目の映画鑑賞。

明日晴れるか

明日晴れるか          1960年

中平康 監督

物語

秋葉原のヤッチャバ(東京青果市場)につとめる三杉耕平は、本職はカメラマンだ。耕平はある日、桜フィルムの宣伝部長から“東京探検”というテーマで仕事を依頼される。耕平の面倒をみる担当は、宣伝部員の矢巻みはる。みはるは大変な才女で、耕平にとっては大の苦手だった。その上バーの女給セツ子も耕平を追いかけ廻しているので、苦手が二人に増えた。

f:id:tomo2200:20210108014758j:image

日活映画。主演 石原裕次郎芦川いづみ渡辺美佐子中原早苗 ら。監督は「狂った果実」の中平康

f:id:tomo2200:20210108025128j:image

昭和の大スター、石原裕次郎。当時まだ25歳ですが、堂々とたる貫禄。ぐだぐだに酔っ払うシーンなどコミカルな演技が印象的。僕にとっては「太陽に吠えろ」のボスのイメージが強いので新鮮でした。

f:id:tomo2200:20210108030240j:image

f:id:tomo2200:20210108031336j:image

芦川いづみ。日活黄金期の大女優。とても可愛らしい方ですが、この映画ではメガネで登場。コメディエンヌとして大活躍。ファンサービスでしょうか、メガネを外した寝顔シーンが “一度だけ” ありました(笑)

f:id:tomo2200:20210108031432j:image

f:id:tomo2200:20210108032530j:image

中原早苗さん。彼女も日活を支えた女優さんです。裕次郎を巡る芦川いづみとの恋のさや当てが可笑しい。

f:id:tomo2200:20210108032607j:image

日活らしい大衆的な娯楽映画ですが、よく90分によく収まったなと感心する脚本、小気味よいストーリー展開、そして出演者の”大"熱演。失われた昭和の風景にも感動。

なかなかの傑作でした。

※今年3本目の映画鑑賞。

ミニヴァー夫人

ミニヴァー夫人                1942年

ウィリアム・ワイラー監督

物語

1939年、ロンドン郊外に住むミニヴァー夫人は、知り合いの駅長から品評会に出展する自分の薔薇に”ミニヴァー夫人”と名前を付けさせて欲しいと頼まれる。

そんな折、長男のヴィンが大学から帰省し、薔薇の品評会を毎年主催しているベルドン夫人の孫娘キャロルと恋仲になるが、第2次世界大戦が勃発して、幸せなミニヴァー家に戦争の暗い影が忍び寄る…

f:id:tomo2200:20210105095902j:image

巨匠ウィリアム・ワイラー監督が、従軍する前に撮影したプロパカンダ映画。アカデミー賞作品・監督・主演女優・助演女優・撮影・脚色の6部門を受賞。

f:id:tomo2200:20210106011531j:image

f:id:tomo2200:20210106025856j:image

前記事「チップス先生さよなら」でデビューしたグリア・ガースンがアカデミー主演女優賞を獲得した作品。

薔薇に名付けられるほどに凛として美しいミニヴァー夫人。役のハードルが高そうですが、グリア・ガースンが好演。演技力と言うか、存在感がありますね。

f:id:tomo2200:20210106013437j:image

f:id:tomo2200:20210106025021j:image

キャロル(テレサ・ライト)とヴィン(リチャード・ネイ)。テレサ・ライトが可憐で素敵でした。

ちなみに映画ではミニヴァー夫人の息子役のリチャード・ネイは、この撮影の後、12才年上のグリア・ガースンと結婚しています。(゚д゚lll)

f:id:tomo2200:20210106025625j:image

 この映画の企画時はアメリカはまだ参戦しておらず、アメリカ市民にドイツの蛮行を伝え同盟国イギリスの支援を促す内容となっている。

一口で言えば「プロパガンダ映画」ですが、いかにものプロパカンダは最後の牧師の説教くらいで、ヴィンとキャロルのロマンスや、薔薇の品評会を巡るベルドン夫人の話や、ドイツ軍パイロットのミニヴァー家侵入事件、夫クレムのダイナモ作戦への参加など、エンターテイメント性は高く、普通の映画として十分に楽しめます。

f:id:tomo2200:20210106121553j:image

ただ残念なのは最後の牧師の説教。プロパガンダが前面に出てドラマが白けてしまいました。宗教者に「市民の戦い」を語らせるのも気持ち悪い感じがします。

同じように戦時中に作られた「カサブランカ」は最後まで観てもプロパガンダと観客に悟らせない。こちらの方が上と思いました。

※今年2本目の映画鑑賞。

チップス先生さようなら

チップス先生さようなら         1939年

サム・ウッド監督
物語
イギリスの全寮制寄宿学校に赴任してきた新任教師のチップス先生ことチッピングはカタブツで融通が利かず、生徒からの評判も悪い。しかし、聡明な女性キャサリンと出会い、結婚したことを機に、彼は柔軟な人柄となり、皆から好かれる存在へと変貌していく…。

f:id:tomo2200:20210104124932j:image


ジェームズ・ヒルトンの名作文学を映画化した作品。主演のロバート・ドーナットは本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。

f:id:tomo2200:20210104145718j:image

映画はチッピングが教師生活を始めた1870年から亡くなる1933年までを描いている。青年期、中年期、老年期のチップス演じ分けるロバート・ドーナットの演技が上手い。「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲーブルを破り、この年のアカデミー主演男優賞を獲得したのも納得。

f:id:tomo2200:20210104174336j:image

f:id:tomo2200:20210104170230j:image

チップス先生の妻キャサリン役のグリア・ガースン。彼女は1942年に「ミニヴァー夫人」でアカデミー主演女優賞を獲得しますが、本作がデビュー作品だそうです。デビュー作品から輝いています。

f:id:tomo2200:20210104173849j:image

f:id:tomo2200:20210104173954j:image

不器用ながら愚直に生き、多くの生徒に愛されたチップス先生。クラッシック映画らしい淡々とした演出が反って良いですね。しみじみと感動しました。

※今年1本目の映画鑑賞。