金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

シン・ウルトラマン

シン・ウルトラマン    2022年

樋口真嗣監督

物語

巨大不明生物=禍威獣が次々と出現するようになり、混乱を極める現代の日本。この巨大不明生物に対抗するため、日本政府は、防災庁、および専従組織「禍威獣特設対策室」(通称:禍特対)を設立する。やむことのない禍威獣たちの攻撃によって、人類が限界を超えそうになった時、大気圏外から謎の巨大な人型飛翔体が現れた、

f:id:tomo2200:20220515001148j:image

庵野秀明が脚本監修、樋口真嗣が監督で新たに映画化された「ウルトラマン」。主人公を斎藤工、その相棒を長澤まさみが演じる。

f:id:tomo2200:20220515013703j:image

シン・ゴジラ」(2016年)以来の庵野「シン」シリーズ。期待して劇場へ観に行きました。

f:id:tomo2200:20220515014000j:imagef:id:tomo2200:20220515014802j:image

「シン・ウルトラマン」では登場する巨大生命体を「禍威獣」と呼んでいます。得体の知れない感じが、エヴァの「使徒」に似てます。

f:id:tomo2200:20220515014844j:imagef:id:tomo2200:20220515015001j:image

主人公の神永新二を斎藤工、神永のバディ(相棒)の浅見弘子を長澤まさみが演じた。オリジナルのウルトラマンのハヤト隊員、アキコ隊員の役どころだが、今風に大きくイメージチェンジされている。

f:id:tomo2200:20220515021007j:image

禍威獣以外には、ザラブ星人メフィラス星人などが登場します。外星人のキャラクターや目的などがミステリアスで好奇心をくすぐります。タイトルにも空想特撮映画と銘打つ、庵野の円谷リスペクトを感じました。

f:id:tomo2200:20220515024705j:image

俳優陣もしっかりしていて、出来栄えも悪くなかったのですが、マニアックで客層は庵野ファンに限られそう。エンターテーメントとしてはいまひとつ‥かな。

※今年16本目の映画鑑賞。

さらば冬のかもめ

さらば冬のかもめ                   1973年

ハル・アシュビー監督

物語海軍のベテラン将校バダスキーとマルホールが命じられた任務は、窃盗で8年の刑を宣告された若い水兵の護送。ふたりは手っとり早く任務をかたずけてしまおうと考えた。が、この水兵と一緒に旅をしているうちに、どうしても彼が悪人には思えなくなってくる。やがて3人には、不思議な友情が芽生えてゆくのだが…

f:id:tomo2200:20220507212745j:image

ダリル・ポニクサンの1970年の小説「The Last Detail」を映画化した作品。

出演はジャック・ニコルソンランディ・クエイド、オーティス・ヤングなど。アカデミー賞3部門、カンヌ映画祭パルム・ドールにノミネートされた。

f:id:tomo2200:20220507224301j:imagef:id:tomo2200:20220507224910j:image

罪を犯した若い水兵と彼を護送する二人の下士官の交流を描いた作品。ロードムービー的な展開で、70年代に若者に流行るカルト(日本の有名な宗教団体)や娼館の様子など、当時のアメリカの風俗が映し出されて興味深い。

f:id:tomo2200:20220507225926j:imagef:id:tomo2200:20220507225948j:image

ジャック・ニコルソンは若くて最初誰か分からなかったが、クセの強い演技は彼そのもの。この作品の2年後に「カッコーの巣の上で」でアカデミー主演男優賞を受賞していますが、ブレイク直前のオーラが放たれていました。

f:id:tomo2200:20220507231109j:image

反体制、アウトロー、やるせないエンディング、文句なくアメリカン・ニューシネマでしたが、コメディ的な雰囲気もあり、ジム・ジャームッシュ的な雰囲気を感じました。面白い作品です。

※今年15本目の映画鑑賞。

マトリックス レザレクションズ

マトリックス レザレクションズ 2021年

ラナ・ウォシャウスキー監督

物語

3部作のゲーム「マトリックス」をつくったクリエイター・アンダーソンは、夢と現実の境界が曖昧になる症状や度々生じる既視感に悩まされていた。社内では新作「マトリックス4」の企画が持ち上がり、その制作に追われる。そんな中、彼は自身がつくったゲームのキャラクター・モーフィアスと遭遇する。

f:id:tomo2200:20220502134304j:image

2003年に完結した「マトリックス」の18年ぶりの続編。監督は3部作を監督したラナ・ウォシャウスキー

f:id:tomo2200:20220502212225j:imagef:id:tomo2200:20220503111755j:image

ネオじゃなくジョン・ウィックですね。ビジュアル的な変化だけではなく、前作では救世主のスーパーマンでしたが、本作では救世主でもなく空を飛ぶ能力も失われます。ネオの目的も世界を救うことではなく、ポッドに捕らえられたトリニティを救出することです。

f:id:tomo2200:20220503101023j:image

映画の前半は、(作品の中ではゲームだが)過去3部作の回想やレビューして、本作4作目を作る意図が語られる。映画という虚構世界(マトリックス)で語られる物語が現実社会にもたらす影響などが語られます。意図は分かりますが口上が長いな‥

f:id:tomo2200:20220503102629j:imagef:id:tomo2200:20220503104103j:image

シニカルでダークな世界観から一転、愛やシステムとの共存が語られるマトリックスに進化していました。

従来ファンからすれば全く蛇足、期待外れだと思いますが、監督がマトリックスの3部作で伝えられなかったテーマが語られる"真"作品かと思います。

※今年14本目の映画鑑賞

ドクタースリープ

ドクタースリープ     2019年

マイク・フラナガン監督

物語

40年前、雪山のホテルで惨劇が起き、父親に殺されかけた少年ダニー。大人になってからも深いトラウマを克服できず、アルコール依存症に苦しみながらも、今はホスピスで働き、“ドクター・スリープ”とあだ名されて終末期の患者たちから頼りにされる存在となっていた。ある日、そんなダニーのもとに謎のメッセージが届く。送ってきたのは彼と同じ特別な力“シャイニング”を持つ少女アブラだったが…

f:id:tomo2200:20220502114515j:image

ティーブンキング原作、キューブリックが監督した名作「シャイニング」の続編。

"シャイニング(超能力)"を持つ少女が大人になったダニーと共に、人間の生気を食べて生き続ける悪霊トゥルーノットたちと戦うファンタジックホラー。

f:id:tomo2200:20220502121626j:image

前作のような重厚なホラー感はなく、悪霊VS超能力者のバトル映画になっています。

f:id:tomo2200:20220502122438j:imagef:id:tomo2200:20220502123049j:image

悪霊の首領ローズ・ザ・ハット。(レベッカ・ファーガソン)と、シャイニングと呼ぶ超能力持つ少女アブラ(カイリー・カラン)。キャラは立っています。

f:id:tomo2200:20220502123324j:image

f:id:tomo2200:20220502123751j:image

ダニーは悪霊との決戦の場として、前作の舞台になった「呪われたホテル」を選びます。ダニーはここで死霊となった父親と再開します。ダニーの心に刻まれたトラウマとか父親に対する想いとか、いろいろありそうですが、映画では未消化な感じがしました。

f:id:tomo2200:20220502123830j:image

シャイニングの続編ではなく、全く別の世界観の映画なら良かったと思います。

特に後半の「呪われたホテル」のキューブリック・オマージュがパロディのようでいけない。ホラー映画なのに笑ってしまう。少し残念。

※今年13本目の映画鑑賞

オールド

オールド        2021年

M・ナイト・シャマラン監督

物語

人里離れた美しいビーチに、旅行で訪れた複数の家族。それぞれ楽しいひと時を過ごしていたが、6歳の少年が突如姿を消す。息子を懸命に探す母親だったが、彼女の前に青年へと急成長を遂げた息子が現れる。その場所では時間が恐ろしいほどのスピードで流れ、彼らは皆急速に年老いていたのだった。

f:id:tomo2200:20220502085441j:image


シックス・センス」(1999)など異色なサスペンスを手掛けることで有名な、M・ナイト・シャマラン作品が脚本、監督。

f:id:tomo2200:20220502100117j:image

f:id:tomo2200:20220502100220j:image

GW、何処へ行く予定もなく映画鑑賞。映画はリゾート旅行を襲うサスペンスです。😅

美しいロケ地ですね。撮影場所はドミニカ共和国サンタ・バーバラ・デ・サマナ北海岸にあるプラヤ・エル・バレ・ビーチだそうです。

f:id:tomo2200:20220502102007j:image

山に囲まれたプライベートビーチ。リゾートを楽しむ家族ですが、連れてきた子どもが数時間で大人になってしまいます。異常に気がつきビーチからの脱出を試みるのですが。(ネタバレはここまで!)

f:id:tomo2200:20220502102703j:image

シャラマンらしいミステリアスな展開、なかなか良かったですが、ネタや結末は、良くも悪くもオーソドックス。

もう一捻り欲しくなります。

※今年12本目の映画鑑賞(ペース遅いな)

キネマの神様

キネマの神様     2021年

山田洋次監督

物語

ギャンブル漬けで借金まみれのゴウは、妻の淑子と娘の歩にも見放されたダメ親父。しかし、そんな彼にも“映画”という愛してやまないものがある。若き日のゴウは助監督として撮影に明け暮れながら、映写技師のテラシンら仲間とともに青春の日々を駆け抜けていた。それから半世紀後の2020年、ゴウがお蔵入りとなっていた自らの初監督作『キネマの神様』の脚本を発見したことで、沈みかけていたゴウと家族が再び動き始める。

f:id:tomo2200:20220410134622j:image

原田マハ原作の同名小説を山田洋次監督が映画化。主演の志村けんがコロナで他界し沢田研二が代役で出演した。

f:id:tomo2200:20220410171904j:image

博打好きでアル中、家族に迷惑ばかりかけている老人ゴウは、若かりし頃は、松竹で映画監督を目指す才能ある助監督だった。

f:id:tomo2200:20220410191243j:image

現在のゴウを演じる沢田研二志村けんのリアクションを意識した演技をしていて、トリビュート感がありました。

f:id:tomo2200:20220410192021j:image

f:id:tomo2200:20220410192728j:image

若かりし頃のゴウを演じる菅田将暉、友人のテラシンを演じる野田洋次郎、三角関係のヒロインとなる淑子さんを演じる永野芽郁山田洋次のキャスティングが素晴らしい。

f:id:tomo2200:20220410192716j:image

永野芽郁さんが爽やかで可愛いかった。淑子のモデルは大船撮影所近くにあった食堂「月ヶ瀬」の看板娘・益子さんと言われています。

f:id:tomo2200:20220410202922j:image

益子さんは佐田啓二と結婚、中井貴一の母になった方です。女優さん並みに綺麗ですね。

f:id:tomo2200:20220410203037j:image

話しが逸れてしまいましたが、山田洋次監督の映画愛が伝わるいい作品でした。山田洋次監督も現在90才ですが、こんなに素晴らしい作品が撮れるのは驚きです。

※今年11本目の映画鑑賞

追悼 藤子不二雄A

追悼 藤子不二雄A

f:id:tomo2200:20220407231858j:image

4月8日。藤子不二雄A安孫子素雄)さんが亡くなった。手塚治虫に憧れトキワ荘に集まったレジェンド、子どもの頃のスターが亡くなったことはショックです。

f:id:tomo2200:20220407235530j:image

「怪物くん」「忍者ハットリくん」も好きですが「魔太郎がくる」が面白かった。オカルトやバイオレンス、ファンタジーなど藤子Aの魅力が詰まっています。(この漫画は連載時のまま復刻して欲しい。)

f:id:tomo2200:20220407235039j:image

あと「まんが道」!

自伝的でありながら最高の青春グラフィティ。この漫画、本当に好き。愛しています。

f:id:tomo2200:20220408001219j:image

数々のキャラクターを生み出し、楽しませてくれた藤子不二雄Aさん。心より哀悼の意を捧げます。夢をありがとう。

おしまい。