金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

マタ・ハリ

マタ・ハリ                   1931年

ジョージ・フィッツモーリス監督

物語

第一次世界大戦下。パリの社交界に君臨するエキゾチックなダンサーで絶世の美女、マタ・ハリは、密かに連合国の工作員として活躍していた。秘密文書を入手すべく、ロシアの将校アレクシスに近付いたマタ・ハリは、燃えるような恋に落ちる。しかし二人の関係に嫉妬したロシアの陸軍武官シュビンの裏切りにより、窮地に陥ったマタ・ハリは、シュビンを殺害してしまう。

f:id:tomo2200:20191117215718j:image

第一次世界大戦中にスパイ容疑で捕らえられ処刑されたダンサー、マタ・ハリを題材にしたフィクション映画。

f:id:tomo2200:20191117222944j:image

↑実際のマタ・ハリ(1876~1917)

マタ・ハリ」はダンサーとしての芸名であり、本名はマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレ。オランダ系のダンサーでムーランルージュで人気を集めた。彼女はまた高級娼婦でもあり、政治家や敵対していた仏独の軍将校との交流があった。第一次大戦中、ドイツのスパイとしてフランス軍に逮捕され銃殺された。この映画のヒットで広く知られるようになり、マタ・ハリは以後、女スパイの代名詞にもなった。

f:id:tomo2200:20191117223518j:image

f:id:tomo2200:20191117223038j:image

ガルボ踊る!この時代、大女優がストリップ・ダンスを踊るのは凄いことだろうね。

f:id:tomo2200:20191117231205j:image

f:id:tomo2200:20191118021107j:image

1931年は、ガルボが「マタ・ハリ」で、ライバルのマレーネ・ディートリヒが「間諜X27」で女性スパイを演じている。大恐慌の時代、陰謀や裏切りが題材になるスパイがちょっとしたブームになったのでしょうかね。

f:id:tomo2200:20191117233220j:image

f:id:tomo2200:20191117223555j:image

マタ・ハリはスパイの為に近づいたロシア将校アレクシスと恋に落ちるが、逮捕され有罪死刑になる。アレクシスに別れを告げるシーンが切なかった。

f:id:tomo2200:20191119022846j:image

グレタ・ガルボの演技力に脱帽です。ストーリーも良く。素晴らしい作品。👏

※今年243本目の映画鑑賞。

ハングオーバー!

ハングオーバー!                         2009年

消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

トッド・フィリップス監督

物語

2日後に挙式を控えたダグは、バチェラーパーティーと呼ばれる結婚前夜祭をラスベガスで過ごすことにする。彼は親友のフィルやステュらと共に一路ラスべガスへ。だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、花婿になるはずのダグの姿はどこにもなく……

f:id:tomo2200:20191117002102j:image

低予算で大スターが出演していないにもかかわらず、全米で約2億7700万ドル、全世界では約4億6700万ドルを稼ぐヒット作となり、シリーズ化された。

f:id:tomo2200:20191117003040j:image

f:id:tomo2200:20191117005416j:image

ベガスにバチェラーパーティーに行った、男4人組がホテルの屋上で乾杯し…

f:id:tomo2200:20191117003050j:image

f:id:tomo2200:20191117005547j:image

気がついたら、歯が抜けていたり、部屋はメチャクチャ、トイレには虎、クローゼットには赤ん坊までいる。おまけに結婚式の花婿が行方不明になっている。記憶が失われたいた時間に一体何が起こったのだろうか?

f:id:tomo2200:20191117010007j:image

f:id:tomo2200:20191117010021j:image

バカバカしくて、面白い。酔って、記憶が吹っ飛んだ経験がある人なら苦笑いしそうなコメディ。たまには、こういう「お馬鹿」映画もいいね。

※今年242本目の映画鑑賞。

 

休憩 : ナスカの地上絵

山形大がAIを利用して143件のナスカの地上絵を発見した。

f:id:tomo2200:20191116095426j:image

ナスカの地上絵って、上空からしか見えない絵を何の為に描いたのか不思議ですよね。UFOに乗って訪れる宇宙人とコンタクトを取っていたという説もあります。

f:id:tomo2200:20191116100320j:image

f:id:tomo2200:20191116101246j:image

ナスカ地上絵には宇宙服を着たような人の絵もありますね。

 

今回、山形大が発見した地上絵の一つがこれ↓

f:id:tomo2200:20191116100656j:image

う〜ん、何でしょうね? 人物のようですが、顔が上下に二つありますね。

 

↓  10

↓    9

↓    8

↓    7

↓    6

↓    5

↓    4

↓    3

↓    2

↓    1

 

あっ! 💡

f:id:tomo2200:20191116101713p:image

f:id:tomo2200:20191116101837j:image

おしまい。

はじまりのうた

はじまりのうた      2013年
ジョン・カーニー監督
物語
ミュージシャンの彼デイブに裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダンとの出会いがデビューの話しへと発展するが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角。路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。

f:id:tomo2200:20191116000125j:image

2014年6月の限定公開当時は、全米でわずか5館での上映が、口コミで人気を博し1,300館にまで広がった。

f:id:tomo2200:20191116082024j:image

主人公のグレタを演じたキーラ・ナイトレイの歌は上手いし、映画に使われた楽曲は全て音楽は良かった。グレタの彼氏デイブを演じたアダム・レヴィーンの劇中歌「Lost Stars」は第87回アカデミー賞の歌曲賞にもノミネートされた。

f:id:tomo2200:20191116084127j:image

f:id:tomo2200:20191116084137j:image

f:id:tomo2200:20191116085956j:image

音楽愛、ニューヨーク愛を感じさせる。カメラに映る風景も綺麗に撮れていて、お洒落な感じ。

f:id:tomo2200:20191116084845j:image

別れたカップルがよりを戻し、壊れた家族が再生する。ストーリーはありきたりながら、ミュージカルとも、80年代のMTV映画とも違うハイセンスな音楽映画でした。なかなか良かった。

※今年241本目の映画鑑賞。

血と砂

血と砂                             1922年

フレッド・ニブロ監督

物語

貧しい靴屋の息子からスペイン随一の闘牛士になったファン・ガラルドは、妻カルメンがいるが、闘牛を観戦に来たドナという女に誘惑され、彼女との情事に溺れていく…

f:id:tomo2200:20191114185949j:image

ビセンテ・ブラスコ・イバニェス原作の同名小説を原作とする。この小説は1922年、ハリウッドで"Blood and Sand"としてルドルフ・ヴァレンティノ主演で最初に映画化された。本作品は1941年、1989年にも映画化されている。

f:id:tomo2200:20191114175334j:image

f:id:tomo2200:20191114190054j:image

サイレント時代のイケメンスター、ルドルフ・ヴァレンティノが主演。美男薄命、彼は31歳の若さで大勢の女性ファンに惜しまれて亡くなったそうだ。マダムを演じたニタ・ナルディはサイレント時代に妖婦役で人気があった。

f:id:tomo2200:20191114191236j:image

f:id:tomo2200:20191114191248j:image

f:id:tomo2200:20191114191257j:image

f:id:tomo2200:20191114191307j:image

愛人といる現場に奥さんが入って来て焦るガラルド。映画史に残る修羅場シーン。サイレント時代の映画は表情の演技が凄い…(^_^;)

f:id:tomo2200:20191114183926j:image

恋愛ドラマの王道の三角関係。国民的な英雄であるハンサムな闘牛士が、妖艶なマダムの誘惑に嵌り身を滅ぼす、耽美感。何回も映画化されるだけのことはある。100年前の映画だけど面白いね。

※今年240本目の映画鑑賞。

ドラゴンボール超 ブロリー

ドラゴンボール超 ブロリー      2018年

長峯達也監督

物語

ブルマが6個まで集めたドラゴンボールが盗まれてしまった。犯人がフリーザの手下と知った悟空とベジータは、先回りして最後のドラゴンボールがある氷の大陸へと向かう。そこに現われたのはフリーザと、悟空たちも見知らぬサイヤ人パラガス、そしてその息子ブロリーだった。ブロリーは幼いころ、ベジータをも上回る潜在能力を持つために追放され、パラガスはベジータ一族への復讐心からブロリーを最強の戦闘兵器に育て上げたのだ。

f:id:tomo2200:20191112232100j:image

劇場版「ドラゴンボール」、記念すべき第20作。鳥山明が脚本。映画オリジナルのキャラクター、ブロリーを新しく原作に取り込んだ作品。

f:id:tomo2200:20191112234703j:image

f:id:tomo2200:20191112234037j:image

戦闘シーンのエフェクトが凄い。もう、これ以上はないくらいの派手派手しさ。

f:id:tomo2200:20191113005121j:image

f:id:tomo2200:20191113002946j:image

ストーリーも世界観もマンネリだが、ドラゴンボールは、こういうのでいいんだよ。

f:id:tomo2200:20191113000622j:image

f:id:tomo2200:20191113004825j:image

思い出すのはゴクウブラック編。変わった味付けは消化に良くない。あのダークでカオスなエンディングは全国のチビッコたちのトラウマになったに違いない。

f:id:tomo2200:20191113005136j:image

日本アニメの極み。ドラゴンボールの戦闘シーンはもはやアートでした。

※今年240本目の映画鑑賞。

天井桟敷の人々

天井桟敷の人々                    1945年

マルセル・カネル監督

物語

第一部:19世紀のパリ、タンブル通りは、芝居小屋が立ち並ぶ歓楽街。別名「犯罪大通り」とも呼ばれていた。その街のパントマイム役者バチストは、街中でスリの濡れ衣を着せられた妖艶な美女ガランスを、得意のパントマイムで無実の罪を証明し救う。それをきっかけに二人は恋心を抱くようになる。第二部:5年の時が経ち、バチストもガランスも別の相手と結婚していた。しかし、お互いが忘れられずに密かに再会を待ち望んでいた。

f:id:tomo2200:20191111012347j:image

第二次世界大戦中、ヴィシー政権下にあったフランスで製作された。製作期間3年3ヵ月、製作費は16億円にのぼる大作て、ナチス占領下において、フランス映画の心意気を見せたと言われている。

f:id:tomo2200:20191111020333j:image

f:id:tomo2200:20191111014816j:image

パントマイムの天才役者バチスト、女たらしの俳優フレデリック、悪党ラスネール、そして大富豪モントレー伯爵。1人の女性を巡って。4人の男の人生が交錯する。

登場人物が多く、人物関係を理解するまでがツラい。関係が分かった後は面白い。二部構成で3時間10分と長編だがドラマチックで飽きない。

f:id:tomo2200:20191111020308j:image

f:id:tomo2200:20191111005740j:image

バチスト役のジャン=ルイ・バローの演技が神レベル。役にハマっていました。ガランス役のアルレッティも素晴らしい。

この作品は映画史に燦然と輝く傑作と言われているそうですが、本当に素晴らしく圧倒されました。👏

※今年239本目の映画鑑賞。