金魚のうたた寝

映画、漫画、小説などの話

残酷な神が支配する

残酷な神が支配する       萩尾望都

小学舘文庫  全10巻

物語

16才の少年ジェルミは義父グレッグから性的虐待を受けていたが、母サンドラの幸せな結婚生活を壊さないため、その事を告げることができなかった。やがてジェルミはグレッグに殺意を抱くようになり、クリスマスの前夜、ジェルミは計画を実行に移すが、巻き添えでサンドラまで死なせてしまう。

義兄のイアンは、ジェルミと父の死に何らかの関係が存在することを察知し、真相を追求しようとする。

f:id:tomo2200:20190322202716j:image

文庫版で全10巻、コミック版は全17巻になる長編。1997年、「第1回手塚治虫文化賞優秀賞」を受賞した。萩尾望都の後期の代表作。

f:id:tomo2200:20190322203641p:image

ざっくり、前半は義父グレッグの性的虐待でジェルミが精神的にも肉体的にも過酷に苛まれる展開。グレッグのド変態キャラはインパクトあるな。

f:id:tomo2200:20190322204747j:image

後半は、グレッグとサンドラが亡くなった後のトラウマに苦しむジェルミのドラマ。義兄イアンも父グレッグの悪魔的な正体を知りショックを受ける。

主にジェルミとイアンとの関係や、様々な問題を抱えた人物が複雑に絡み合いながら、次第にジェルミが壊された心を再生していく展開。

f:id:tomo2200:20190322205051j:image

モチーフとしては「トーマの心臓」に似ているが「トーマの心臓」は信仰の再生というキリスト教的な文脈で語られるのに対して、本作は心理学的なアプローチで描かれていて、トラウマとその克服の過程にリアリズムを感じる。

f:id:tomo2200:20190322224722j:image

イアンとジェルミの愛と葛藤は複雑だ。イアンは始めは父を殺したジェルミを憎み、父がジェルミに対して行った事実を知ってからは憎みは贖罪の気持ちに変わる。

傷ついたジェルミを保護するイアンだが、心の底では、本人も気がつかない支配欲が存在していて、ある日、ジェルミの挑発からジェルミと肉体関係を持ってしまう。父親と同じくジェルミに執着する自己の内面と向き合わざる得なくなり、やがてジェルミに対する愛情に気がつくと言うものだ。BL(ボーイズラブ)も奥深いな…。

f:id:tomo2200:20190323080642j:image

ジェルミとサンドラの関係や、周辺キャラにも考えさせる様々なドラマがあり、読み応えのある作品でした。

※今年の漫画読書 13本目

拳銃無宿

拳銃無宿                                    1947年

ジェームズ・エドワード・グラント監督

物語

トゥームストーンの決闘でクラントン一家と戦ったカート・エヴァンスはその後行く先々で悪事を働き、更に有名になっていた。ある日悪党同士の撃ち合いの末、カートは傷を受けほうほうのていで逃げ、途中落馬し気を失ってしまう。そこへ通りかかったのが、クェーカー教徒の父と娘。教えに従って2人は彼を助ける。悪党と知りながらも、カートの看病をする娘ペニーはいつしか彼に魅かれていく。カートの方も満更ではなかった。が、土地の件でもめていた悪党ラレド一味が彼の行方を追って迫っていた。

f:id:tomo2200:20190321193531j:image 

原題は”Angel and the Badman”  「天使と悪党」。ジョン・ウェインが自らのプロダクションで制作した。

f:id:tomo2200:20190321194315j:image

DVDに淀川長治さんの映像解説が入っていて、この映画はジョン・ウェインの映画なんだけど、当時、人気が最高だったゲイル・ラッセルを目当てに観に行った人が多いと言っていました。

f:id:tomo2200:20190321205128j:image

また淀川さんは、アメリカの劇場で、中年のおじさんが、ジョン・ウェインのタイトルが出るとみんな手を叩くのに驚いたとも言っていました。アメリカ人にとってジョン・ウェインは国旗、アメリカの魂のような男だそうです。

f:id:tomo2200:20190321211004j:image

f:id:tomo2200:20190321205452j:image

早撃ちガンマンとして恐れられたカート・エヴァンスが怪我をしてクェーカー教徒の家で介抱されて、そこの娘ペニーと恋に落ちます。

カートは悪党ラレド一味に狙われているのですが、クェーカー教徒は暴力を禁止していて、ペニーの手前、銃で決着をつけることが出来なくなります。

f:id:tomo2200:20190321213336j:image

f:id:tomo2200:20190321210939j:image

ある日ラレドらに追われて、馬車ごと川に落ちてしまいます。ペニーが高熱から瀕死の状態になってしまい、カートは復讐のためラレドとの対決に向かいます。

f:id:tomo2200:20190321214220j:image

ブコメみたいな作品です。誰もが恐れる伝説のガンマンのカートが、小娘ペニーの言いなりなってしまうのが可笑しい。

この映画、西部劇なのにジョン・ウェインは一回も銃を撃っていません。邦題は「拳銃無し」だったかな?

f:id:tomo2200:20190321225545j:image

※今年48本目の映画鑑賞

喝采

喝采                             1954年

ジョージ・シートン監督

物語

 かつてミュージカル・スターとして活躍していた俳優のフランク。だが今では酒に溺れ、演技に精彩を欠いていた。そんなある日、彼に舞台演出家バーニーから新作舞台の出演要請が入る。しかし、稽古に参加するものの落ち着かないフランク。彼は、数年前に自らの不注意で当時まだ幼かった一人息子を事故死させてしまったことと、それが原因で献身的だった妻ジョージーが何度も自殺未遂起こし、いつも悩まされていることを打ち明けた。こうしてフランクは、複雑な心境が払拭されないままカムバックを果たすのだが…

f:id:tomo2200:20190321043534j:image

原題は”The Country Girl”「田舎娘」ではなくて「貞節を守り、夫に献身的なトラディショナルな女性」の意味だろう。邦題の「喝采」の方がシャレていて良い。

f:id:tomo2200:20190321122054j:image

舞台劇を映画化したもので、台詞が多く、テンポも遅い。俳優の演技を観るような映画です。本作でグレース・ケリーはアカデミー主演女優賞を獲得した。ビング・クロスビーウィリアム・ホールデンの演技もそれぞれ素晴らしい。

ビング・クロスビーは、「ホワイト・クリスマス」などで知られた名歌手だが、演技の上手さも本物でした。

f:id:tomo2200:20190321130254j:image

ドラマは、子供を事故死から立ち直れず、俳優として精彩を失った男優フランク、夫を支える妻ジョージ、そしてフランクを舞台にカムバックさせようとする演出家バーニーの3人の人間模様を描くものだ。

↓ここからは、少しディスります。

f:id:tomo2200:20190321131631j:image

f:id:tomo2200:20190321131637j:image

途中までシリアスな感じなんだけど、バーニーが人妻のジョージを愛してしまい、あとは昼メロ。

長年の友人で、俳優と演出家という関係でありながら、フランクを裏切るバーニー。フランクを立ち直らせるのではなかったのか⁈  ジョージも唇を奪われたくらいで感じちゃうし…下世話に面白いぞ。

f:id:tomo2200:20190321135214j:image

f:id:tomo2200:20190321135230j:image

フランクは子供を事故で亡くしてから、仕事にも人生にも立ち向かう勇気を失い、焦燥しきった男だ。

妻がNYに去ることになり、落ち込んで、一人バーで酒に浸るのだが、女性歌手の歌声につられてデュエット。美声に驚いた女性歌手が「あら、あなた上手じゃない」だって…。 (全然、落ち込んでないじゃん。)

f:id:tomo2200:20190321143131j:image

シリアスな人間ドラマでありながら、面白くなければ映画ではないというハリウッドのサービス精神を感じる。この微妙なバランス感覚に喝采を送りたい。グレイスケリーを観るなら間違いなくこの映画だ。

今年47本目の映画鑑賞

桑港(サンフランシスコ)

桑港(サンフランシスコ)      1936年

W・S・ヴァン・ダイク 監督

物語
オペラ歌手を夢見るメリーはサンフランシスコでダンスホールの仕事に就く。その店のオーナーのブラッキーとメリーは恋に落ちた。しかし、そこへオペラの団長が現れ、彼女にオペラ出演の契約を申し出る。二者択一を迫られるメリー。折しもサンフランシスコ大地震が起こり、恋もダンスホールも、すべてを呑み込んでいく……

f:id:tomo2200:20190319220516j:image

クラーク・ゲーブルジャネット・マクドナルドが主演した。1906年のサンフランシスコ地震を題材とした映画。

f:id:tomo2200:20190319222743j:image

f:id:tomo2200:20190319224252j:image

歌姫メリーを巡り、二人の男が争うメロドラマです。ブラッキークラーク・ゲーブル)は傲慢な無神論者の成り上がり者。根は優しいのだが善人と思われるのが嫌な性分の男。

メリー(ジャネット・マクドナルド)はオペラ歌手を夢見る女性。ジャネット・マクドナルドはオペラ歌手のようで歌は当然素晴らしいし演技も良かった。

ダンスホールで歌う歌や、劇中劇のオペラもあり、ちょっとミュージカルのようでもあります。(本編はモノクロです。動画はCG着色かな?)

f:id:tomo2200:20190320011254j:image

f:id:tomo2200:20190320011517j:image

f:id:tomo2200:20190320011330j:image

サンフランシスコの大地震。戦前の映画ですが迫力ある特撮に驚きました。3.11を経験しているせいかリアルに感じて恐かった。

f:id:tomo2200:20190319223513j:image

あまり期待せずに観たのですが、想定外に良い映画でした。1936年のエンターテーメント大作です。

※今年47本目の映画鑑賞

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー      2008年

三谷幸喜 監督

物語

暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが…

f:id:tomo2200:20190319001905j:image

西田敏行妻夫木聡佐藤浩市深津絵里綾瀬はるか 他、大物俳優がたくさん出演。練りに練った脚本で笑わせる三谷コメディの傑作。

f:id:tomo2200:20190319005517j:image

f:id:tomo2200:20190319005507j:image

実は三谷幸喜の映画を観るのは初めて。なぜ観ていないというと、じつは三谷ワールドが好きでない。
バラエティ番組のようなキャスティング、芝居がっかた演出や、コントのような軽さ…
とか、ディスりながら、本作、なかなか面白かった。

売れない俳優が映画撮影と信じ込んで、本物の殺し屋になりきってしまう荒唐無稽なストーリ-だけど、ひねった脚本や台詞が可笑しい。
演技では佐藤浩市がおバカぶりが最高。西田敏行三國連太郎と「釣りバカ日誌」を演って、息子ともコメディで共演するのは「ご縁」でしょう。息が合っていました。

f:id:tomo2200:20190319114853j:image

※今年46本目の映画鑑賞

アラバマ物語

アラバマ物語              1962年

ロバート・マリガン監督

物語

不況の風吹く1932年、南部のアラバマ州。幼い息子と娘を抱える弁護士フィンチに、暴行事件で訴えられた黒人トムの弁護の任が下る。だが偏見根強い町の人々は黒人側に付いたフィンチに冷たく当たるのだった……

f:id:tomo2200:20190317210327j:image

1961年度ピュリッツアー賞にかがやいたハーパー・リーの小説が原作。1962年度のアカデミー賞で、作品賞を含む8部門にノミネートされ、主演男優賞(グレゴリー・ペック)、脚色賞、美術賞を受賞した。

f:id:tomo2200:20190318000845j:image

f:id:tomo2200:20190318000850j:image

アラバマ州の田舎町で起きた暴行事件で黒人トムを弁護士したアカティスの物語。アティカスの娘スカウトが、当時を回想するという形で語られる。

f:id:tomo2200:20190318000914j:image

f:id:tomo2200:20190318000918j:image

子どもの視線から描かれていて、社会派ドラマというよりは(娘にとってヒーローだった)父アカティスや、当時の暮らしぶりを回想するファミリー映画です。

近所に住む謎の怪人ブーの話なんかは、「スタンド・バイ・ミー」のようで、観る者をノスタルジーに誘いますね。

f:id:tomo2200:20190318010554j:image

素敵な映画だな。まさしく名画。

※今年45本目の映画鑑賞

 

 

キートンの決死隊

キートンの決死隊                1930年

エドワード・セジウィック監督

物語

戦争が始まり街では志願兵を募っていた。そんな戦意昂揚ムードの中、貴族の息子エルマーはある勘違いで陸軍に入隊するハメになってしまう。軍隊の暮らしが性に合わない彼はすぐに除隊しようとするが、その中に恋人の姿を見つけて結局そのまま軍隊に居続けることになる。ある日前線に出兵することになり戦地に向かった彼はひょんなことから手柄をたてるのだが…

f:id:tomo2200:20190316184705j:image

世界3大喜劇王と呼ばれた、チャーリー・チャップリンハロルド・ロイドバスター・キートン。僕が見たことがあるのはチャップリンだけ。ということで、バスター・キートンの映画を見てみました。

f:id:tomo2200:20190316204859j:image

f:id:tomo2200:20190316205512j:image

原題の” Dough Boys “は 「(第一次世界大戦での)歩兵」のコト。間違えて陸軍に志願してしまったキートンが起こす珍騒動を描いたドタバタ喜劇です。

f:id:tomo2200:20190316210839p:image

キートンの芸風は、The Great Stone Face(偉大なる無表情)と呼ばれた顔と体を張ったドタバタ喜劇だそうです。なるほど、とぼけた芸風がいいですね。

f:id:tomo2200:20190316205838j:image

f:id:tomo2200:20190316205855j:image

ヒロイン(サリー・アイラース)とのロマンスに、戦争シーンのスペクタクル、劇中劇のショーもあったりしてエンターテーメントとして頑張っているのが解るのですが肝心の笑いはイマイチ。

キートンの評価はサイレント時代の方が高いそうです。見る機会があればサイレントを見てみたいものです。

f:id:tomo2200:20190316210046j:image

※今年44本目の映画鑑賞